先輩ママの知恵袋

ポコポコぺぺ物語 栖原 美佐子さん

 

私は今、三田の南が丘で、主人と3人の息子たちと、イタリアン食堂であるポコポコぺぺを経営しています。店がスタートしてから今年で13年目になります。たくさんの方たちとの出会いのおかげで、店をオープンすることができ、たくさんのお客様との出会いのおかげで、店を続けることが出来ています。スタッフにも恵まれ、一緒に仕事をしていくことができ、心から感謝しています。

 

3人の息子たちの子育てに奮闘の日々。私に出来る事、一番したい事は何か。

ポコポコぺぺの店長である主人は、昔、「壁の穴」というスパゲティ専門店で20年間働いていました。主人はそこで料理を作ったり、店長、マネージャー、アルバイトの研修や教育などの仕事をこなし、本部では商品の仕入れなどもしておりました。

 

私は当時、自分にできる仕事を探しつつ、まだ幼かった3人の息子たちに、好きなこと、得意なことを見つける手助けをし、子育てに日々奮闘していました。
息子たちは、それぞれがサッカー、水泳、少林寺拳法、器械体操などに興味を持ち、やってみたいというと一緒に見に行って体験をさせ、私も一緒にいろいろなことを経験してきました。
男の子なので体力作りの為にも、運動できる子になってほしいと思い、そのために親としてできることは、経済的な支えになることや、やっていることを応援し、見守ることかなと思い、私はパートの仕事を掛け持ちでこなす毎日を送っていました。

手作りパン

そんな日々の中で、私が一番したいことは何なのかなと考えるようになり、そこである方との出会いがありました。それは、自宅で料理教室をされている先生との出会いでした。
とてもパワフルな方で、先生の教室で作る料理は、ボリュームもあり、美味しくて、生徒のみんなはとても満足して通っており、私もどんどん魅了されていきました。
そして何より料理と関わることは、私にとって、とても幸福な時間となりました。主婦であり、子育てもしながら仕事をされている先生は、いつしか私の目標となっていました。

そんな時、阪神淡路大震災を芦屋で被災し、家族みんなで、私の実家がある三田へ引っ越しすることになりました。もともと私は、三田で小学生のときから結婚するまで過ごしていましたが、それは三田がニュータウンになる前のことでしたので、とても不便な生活を経験してきました。しかし、そのおかげで、体力と精神的なたくましさを培うことができたかなと思っています。

 

 

震災の経験から一度しかない人生、悔いのない生き方をしたい。沢山の方に支えられお店が誕生。

そんな『三田で美味しいレストランを開きたい』とそう漠然と考えるようになっていた私は、芦屋で震災を経験して、人生、本当にいつ何が起こるか分からないということを痛感し、一度しかない人生だから悔いのない生き方がしたい、と強く思い、レストランの厨房のパートの仕事を探し、自分のやりたかった料理を仕事にしました。調理をして、お客様に喜ばれる料理をつくる大変さと、楽しさを知り、仕事を続けていくうちに、だんだんと料理のレパートリーも増え、店を出したいという思いは益々強く、確実なものとなり、実行に移すことに決めました。

 

店内

しかしお店探しはなかなか定まらず、今の場所が決まるまでに3年ほどかかりましたが、三田の南が丘の場所は、主人がここならお客様に来て頂けると言い、決断しました。店の経営、サービスの仕方、アルバイトの研修などは主人に任せ、私は料理を担当。
店作りは次男の友人のお父さんのお力もお借りしたり、たくさんの方々の協力があり、心のこもったポコポコぺぺが2002年に出来上がりました。
今でも、たくさんの方に支えられています。私は、感謝の気持ちを忘れず、まごころ込めたお料理とサービスを心掛けて試行錯誤の日々を送っています。

ranchi

 

お料理を作ることは楽しくて、お客様の「美味しかった。ごちそうさま。」の笑顔を何よりも私は嬉しく思います。主人は「居心地が良い」というお客様の思いを大切にしています。
こんな二人の姿を間近にみていた息子たちは、店の経営の大変さと、お客様に喜んで頂ける店作りの楽しさを感じ取り、それぞれの息子たちが、それぞれの店を開いて経営する方向に今、進んでいます。

主人と息子たちと向き合いながら、お互いに成長していけるようにこれからも頑張っていきたいと思っています。皆さまも是非、お立ち寄り下さい。お待ちしております。

 

『苺のレアチーズタルト』

ポコポコぺぺオープンの時からずっと作り続けている「苺のレアチーズタルト」のレシピを今回、掲載します。是非作ってみてくださいね。

『苺のレアチーズタルト』

材料

・無塩バター 50g
・ココナッツサブレ 100g
・苺 220g
・クリームチーズ 150g
・グラニュー糖 80g
・ヨーグルト 120g
・生クリーム 100g
・粉ゼラチン 11g
・水 大さじ3,5g
・リキュール(フランボワーズ) 大さじ1
・*タルト型(20㎝)

作り方 
 小なべにバターを溶かして細かく砕いたココナッツサブレを混ぜ合わせ、タルト型に入れて押さえ、冷凍庫で冷やし固める。

 器に水を入れてゼラチンを溶かす。-(A)ボウルに苺とグラニュー糖を入れる。-(B)
 クリームチーズをレンジで30秒温めてフードプロセッサーでヨーグルトと混ぜ合わせ、(B)も加えてなめらかになればボールに入れる。-(C)

 (A)にリキュールを加え、レンジで30秒温めて(C)のボールに加えさらに生クリームを6分立てにして型に入れて流して固める。

reachi-zu taruto

 

hugchiffonではいつも、子育てのアドバイスをして頂ける先輩ママたちからのメッセージなど、もっと教えて頂きたいという思いから今回から、連載して私達にメッセージを届けて頂く事になりました。
来月も栖原さんのメッセージとレシピもお楽しみください。

 

hr_tiebukuro栖原 美佐子さん                             

kanban

イタリア食堂 ポコポコペペ                                            
兵庫県三田市南が丘1-30-32
TEL 079-562-0976

ランチタイム
11:30~15:30(L.O.14:30)
ディナータイム
17:30~22:00(L.O.21:00)

定休日 火曜日(祝日の場合は翌日)

http://pocopocopepe.jimdo.com/