先輩ママの知恵袋

幸せな子育ては親子の心の絆づくりから~『親業』インストラクター 浦入智子さん

子育てって大変!
子育てってムツカシイ?

よくそんな声を聞きますね。
でもね、よーく考えてみて下さい。
親はみんな子どものことを大切に思っています。そして、子どもはママが大好きです!
だから、お互いがもっと気持ち良くいたわり合いながら頑張り合える「子育てのツボ」みたいなものがあるんじゃないかって思っていました。

 

子育ての常識が一変!『親業』とは。

1

 

女性の一生において、子どもや家族と幸せな関係でいることはとても大切。なので、そこは妥協しないで自分なりの子育てを見極めたいと思っていました。
子どもにとっても、お母さんとの人間関係はとても大切です。人生が大きく左右されると言っても過言ではありません。

ごく普通の主婦である私でもできる効果的な関わり方ってないのかな?

子どもの瞳がいつもキラキラと意欲的であり続けてほしいな。
色々試して、失敗もして、そして私なりの確信を得たのが「親業」です。
「親業」とは、Parent Effectiveness Training(親を効果的にする訓練)と言う意味で、
1962年、アメリカの臨床心理学者トマス・ゴードン博士が開発した親教育のためのプログラムです。

「親業」というのですから、「親向け」と思われるかもしれませんが、旦那様やママ友、ご近所の方や職場など、すべての人間関係に有効なコミュニケーションツールです。

ゴードン博士はこの功績が認められ、ノーベル平和賞に3年連続でノミネートされています。
親業以外にも、教師学や看護ふれあい学などが世界中に広がり、「ゴードンメソッド」とも呼ばれています。
このプログラムに初めて出会ったとき、私はとても大きな衝撃を受けました!

それまでの「子育ての常識」が根底から覆るとともに、人生で抱えてきた葛藤のナゾがすべて解けていく気がしました。

これを全てのお母さんが知っていれば、親子はもっと解かりあえる。
子育ての問題は親のコミュニケーション不足によるものが多い。
解かりあえると子育てはもっと楽しくなる!

直ぐに、講座を受講しインストラクターになる決意をしました。今から12年前のことですが、今もその気持ちに変わりがありません。

何事にも揺るがない軸をもって、母親業を極めたい。

 

2

わたしは ごく平凡なサラリーマンの二女として生まれました。
負けず嫌いな両親、しっかり者の姉、のんびりした弟と西宮市に住んでいました。

両親は一生懸命に子育てをしてくれましたが、私は少し育てにくい子どもだったようです。
親が整えてくれた、不自由のない生活の中にいながら、いつも不思議な葛藤を感じていました。

この人は お金持ちなのに、どうして不幸そうなの?
この人は 貧乏なのに、どうしてこんなに幸せそうなの?

社会人になり、一流企業に就職。
わたしはとても行儀よく、人の顔色を伺うのが得意で、それなりに評価も頂きました。
事務職から総合職まで幅広く仕事をして、バリバリと働くことはとても楽しかったです。
でも、私は、それまで私が持っていた常識を覆すような、とんでもなくスケールの大きい人に出会うたび、
自分にコンプレックスを持つようになりました。

なんでこの人は こんな風に自然に、前向きに、他人の評価を気にせず、自分の信念のもとに生きられるの?
責めずに、怒らずに、大きく考えられるの?
この心地よさは なに?
私とは何がどう違うのか?

揺るがない自分軸を持っている人の「秘密」を自分なりに紐解きたいと思い、養育歴や家庭環境、奥さんや子どもとの仲まで聞きまくって、分析をしていました。

イメージイラスト

こんな本当の意味で自立したカッコイイ大人を育てたいな、、そんな母になりたいな、、

次第に「母親業」というものを自分なりに極めたい気持ちが強くなっていきました。
自分にしかできない仕事、一番活かされる仕事がしてみたい。
わたしにとってはそれは母親になることでした。そして仕事を辞め、結婚、わたしは母となりました。

 

子育ての難しさに直面。そんな時に出会ったのが『親業』でした。

仕事を辞めたエネルギーがそのまま子育てに向いてしまい、相当に気合を入れながらの子育てが始まりました。
それまで子どもに接する機会は多くありませんでしたが、元々、人付き合いには自信がありましたし何とかなると思っていました。

でも、そこが子育ての難しさです!
頭で思うことと現実の姿がこれほど違う仕事は子育ての他はありません。

無題

手作りおもちゃを作り、英語の教材を購入し、絵本を読み聞かせ、毎日の寝かしつけ、、、
次男と三男と授かり、戦争のような毎日。
育児書通りにできなくてイライラし、つい怒ってしまう自分に自己嫌悪に落ちいりながら、わたしは次第に追い詰められ、最悪の精神状態になっていきました。
厳しくしたり、体育会系になったり、冷たくしたり、甘やかしたり、ベッタリしたり、、、
色んな方法を試してみましたが、全てしっくりしませんでした。

そんな中長男5歳、二男3歳、三男1歳の時に偶然、図書館で「親業」の本に出会いました。
それは、今まで読んだ子育て本にはない内容!
「子どもをほめましょう」とか「感情的に怒らないで」が一切ないんです。親も一人に人間として素直な感情を持っている。ただ、コトバをかえる。そしてコトバを練習できる講座まである!これならできそう!絶対に身に付けたいと思いました。一気に読み終え、すぐに受講を決めました。
それから、私の子育ては一変したのです。

 

子育てには、自分自身が試されます。まず、自分自身を大切にすること。

3

親業の子育ては、それまでの私が持っていた概念と大きく違うものでした。
それまでのわたしは、本当の「子どもの心」をちゃんと見ていなかったように思います。
そして、「自分の心」も見ていませんでした。
親として、我慢をしなくちゃと自分を抑えていました。結果的に自分の事を大切にしていませんでした。

我慢していたのに、ちっとも改善されず、どうして上手くいかないの?
わかってくれないの?

と不満が少しずつ溜まっていたんですね。

子育てには、自分自身が試されます。自分を大切にしていないのに子どもに自分を大切にすることを教えられません。親子関係って日常だから、ムリをすると必ずシワ寄せがくるし、第一子どもはとても敏感です。それじゃあ、いい関係はできないんですよね。

お子さん
本当の意味で、自分も相手も大切にし合える関係ができると、それだけでお互いに価値のある人として認め合い、自尊心が育まれます。相手を心から信頼できるようになり、相手のために頑張れる自分に誇りを持ち始めます。そして人間関係は幸福感に満ちたものになります。

こんな風に「子育て」を「親子の関係性」を基盤にして行う、ということに、まさに目からウロコ。

子育ての本質を見据えると色々な心の作用が全て繋がりはじめ、人間関係そのものが変化していきました。

irasuto 2

自分自身を本当に大切にすること。子どもを大切にすること。普段のコトバを意識することでそれが少しずつできるようになると、家庭の空気が変わり始めました。
子どもが私の言うことに素直に従ってくれるようになった時にはとても驚き、わたしは家族からとっても愛されていたことにも気づきました。

それから子どもはスクスクと育ち、今長男は高校3年生です。大学受験のため自分のペースで勉強をしています。
次男高1と三男中2ですが、それぞれととてもいい関係が築けています。
何より子ども自身が友達に恵まれて毎日楽しそうなので親としてもとても気持ちがいいです。

物事を考えるときの視点が変わり、イライラすることがほとんどなくなりました。信頼関係を育む具体的な方法を知っていることで、どんな人にも臆せずに接することができる様になりました。
私の感じていた生きにくさの原因は自分の頭の中にあった色々な思い込みにあり、それに気づくと世の中が変わって見えるようになりました。


親業ミニ講座

親業の目的は「自分の問題を自分で解決できる子」を育てることです。

子どもを直接変えようとするのではなく、子どもが「自らの力で立ちたい」と思うように、まず親の関わり方を親がそれぞれ考えて変えていく、親の接し方に焦点を当てているのが親業です。

 

私たちは、それぞれが理想の母親のイメージを持ち、無意識のうちにそうしなければならないと思い込んでいます。しかし、これが子育てを難しくしているのではないでしょうか?

親としての一つの役割を果たそうという気持ちが大きくなると、感情を持った生身の一人の人間であることを忘れてしまうことがあまりにも多いからです。

親業では、
親である前に、一人の人としてホンモノである
・一貫性や統一戦線よりも気持ちの正直さを重視する
・権力・権威を行使しない

ことを大切に、子育てをしていきます。

 

あなたらしく、子どもらしく、ありのままの存在でありながら、お互いに育ちあう関係。
個性と調和をどちらも大切にする子育て法が親業です。

5

===================

なまぜ親業ルーム 090-3706-8916
兵庫県西宮市生瀬町2-10-6
JR生瀬駅徒歩5分

<親業訓練一般講座> 全24時間(1回3時間×8回)
■主な内容
1回目:自分の心の声を感じてみる
2回目:子どもの心を知るための聞き方とは
3回目:こころの扉をひらくコトバの実践
4回目:子どもが受け入れる親の話し方
5回目:怒りの正体を考える・環境改善
6回目:賞罰を使ってコントロールしていませんか?
7回目:親子の対立を建設的に解決する
8回目:親にできること、できないこと
■定員:2~6名
■受講料:32400円
■講師:浦入智子(親業訓練協会認定インストラクター)
■場所:なまぜ親業ルーム

ブログ「親業de愛されおかん塾」 http://ameblo.jp/oyagyo70z/
親業訓練協会 http://www.oyagyo.or.jp/

hr_tiebukuro浦入智子さんプロフィール

・親業訓練協会認定インストラクター

大手企業でトップ部門での事務職・人事労務・総合職など11年間従事した経験から、社長や役員になる人の社会性やメンタルの強さと家庭環境の関係に深い関心を持つ。

子育て中の2002年、親が子どもに与える影響を最大限に効果的にできる「親業」を知り、2007年インストラクターの資格取得。
健全な精神を育む真の自立・自己規律の子育てと、勝ち負けのない関係づくりのために、個性と調和を両立する「親業」の普及活動をしている。

・夫と3人の息子(高3・高1・中2)の5人暮らし