先輩ママの知恵袋

第2章♪旬の作物【秋の実り】に感謝して~ 料理教室 むぎ ~三宅 幸子さん

EPSON MFP image

秋になりましたね。今年の夏も天候不順で日照も少なく気温も低く、農作物の作柄が心配です。昨年も今年のような夏だったと記憶しています。三田に住んで、農業が身近に感じられるようになり、今は畑を耕すこともなくなりましたが、自然と共に生きていると思っています。

日本には四季があり、12カ月にも上旬 中旬 下旬と、季節の移り変わりは変化に富んで、その地で生産されるなりものは又、変わって行きます。


秋♪旬の作物を戴くことが私たち人間にとって大切なこと。

 

住んでいる土地の作物を戴くことを 今、地産地消と言いますがかっては「身土不二」という言葉で表していました。それは私たち人間は住んでいる土地、即ちその風土で生きています。植物も人も皆、その土地で生きている友だちともいえます。

ですから私は植物の上にひとがいるなどと思いません。植物の命を戴いて私たち人も動物も生かされているのです。感謝すべきことですね。

栗

IMG_6466

三田は六甲と北摂の山々に囲まれた恵まれた土地で、盆地特有の寒暖差のある気象が美味しい農産物を育ててくれます。秋になってどんな食べ物が収穫されるかご存知ですか。
まずお米、大豆などの豆類、さつま芋や里芋などの芋類、ゴボウや人参
、大根など根菜、
そして青い菜っぱ類、美味しい果実、無花果葡萄 栗
 柿、スダチなど収穫されます。
実りの秋と良く言ったものです。

真夏の太陽を一杯浴びて光合成され、実も根っこも栄養一杯もらって肥って行くのです。私たちは暑い夏をようやく過ごし、身体も心も疲れています。夏バテなどと言っていますね。その疲れ、体力の落ちている身体に栄養のある、秋の作物が体力回復をさせてくれるのです。
有難いですね。これから出回る秋の作物を感謝して沢山戴きましょう。

旬の作物を戴くことが私たち人間にとって大切なことです。それは身体が求めていることなのです。
間違っても季節外れのハウス栽培や
化学肥料だけの水耕栽培の野菜などをお求めにならないように。

 

お料理は日々新しい発見があります♪その素晴らしさを伝えたい。

12・秋①aさんまa_080a

12・秋④a肉じゃが_116a

私が沢山の秋の野菜や果物を並べましたが、それをすべて生で戴くことはできませんからお料理をして頂きたいと思います。
煮たり、焼いたり、炒めたり、蒸したり、揚げたり、いろいろな料理法があり、
美味しくなります。
調味料もいろいろあり、
和食として塩 砂糖 味噌 醤油 油 お酢、日本酒 味醂、
出しに鰹、昆布 椎茸など。
洋風料理にはプラスとして トマトケチャップ ウスターソース ワイン類 香辛料 ハーブ類、数え上げたらきりがありません。

素材の組み合わせ、調味料 だしがミックスして様々な料理が出来上がります。

今は夫と二人暮らしですが、毎日楽しんで料理を作っています。日々新しい発見があり、感じたことを教室の皆さんにお伝えしていきたいと思っています。

お料理の好きな方が増えて下さることが私の願いであり、その家庭から豊かな人が育って行かれると信じています。

 

10月は秋の果物 柿と菊菜の白和えをご紹介します。

 

白和えと言う料理は、胡麻をすりおろした中に豆腐を加えて、すりつぶした衣でいろいろな素材を和えます。胡麻和えよりずっと滑らかに、そして豆腐のタンパク質が加わり栄養的にも味的にも豊かな料理になり、召上がる方の満足度がぐっとアップします。
ひと手間加えると、こんなに変わると言う、見本のような料理です。まだお作りになっていない方は、是非チャレンジして下さい。

12・秋③c白和え_340a

柿と菊菜の白和え           

材料          4人分
菊菜          150g
柿           小 1個
和え衣
豆腐 0、5丁  白胡麻 大2  白みそ 40g  砂糖 小2  塩 小0,3)

作り方

 菊菜は熱湯で茹でて水に取り、水気を絞って1センチ長さに切る。
 柿は1個を4-6つ割りにして、いちょう切りにする。
 豆腐は鍋に入れ水を加えて、ゆっくり温め火を止める。笊にあけ湯を切 る。
 ごまは鍋で炒ってすり鉢で良くすり、③の豆腐を加えすりつぶし、調味料を加えて、 なめらかな衣を作る。
 ①と②を衣で和える。
hr_tiebukuro

三宅 幸子さん

3人の子どもの母。
料理教室 むぎを開いて22年。
その間に「パスカルさんだ」も開設され、できるだけ地元の旬の食材を選ぶ事が健康な食生活の基本となり、自分が生かされている土地への感謝の気持ちも育つものと、皆さまとご一緒にこれからも学んで参りたいと思います。

料理教室 むぎ

教室・三田市弥生が丘
TEL・079-562-5101
日時 月1回  水・木・土
(10:00~14:00)
入会金5,000円
会費3,000円(材料費含む)