先輩ママの知恵袋

三田グリーンネット代表 達家彰子さん

①石山庭2013.6①松家庭2012.6.7

みなさんはオープンガーデンってご存知ですか?一般家庭のお庭を「こんにちは」とお訪ねして見せていただけるイベントです。三田グリーンネットのオープンガーデンは、2000年5月に4庭から始まり、この春で15回目を数えます。

「ふるさとは花と緑にあふれ、人と自然が輝いていた」この街に育つ子どもたちが大人になった時、そう言える街づくりを目指して三田グリーンネットは発足しました。

オープンガーデンで公開されるのは、一般家庭のお庭が中心ですから、普段は見ることのできないプライベートな場所で、お庭に植えられた草花やこだわりの樹木などと一緒に、庭主さんの暮らしぶりを垣間見ることができます。

 

お庭で感じる命の息吹が、子どもたちの心の支えに

②達家オオデマリ2013.5.11     ②達家ドイツスミレと黒三つ葉

私がお庭づくりを始めたのは、まだ三田に越してくる前、子どもたちが2才と3才だったころです。芝生しかなかったお庭に「おままごとに使っていいよ」と、パンジーやスノーボールをたくさん植えた花壇を作りました。「チョコレートケーキ作ってお花でデコレーションしてたよね」って、子育て真っ最中の娘は、いまでも楽しそうに話します。

そして20年前、いまのお家の庭づくりが始まりました。当時小学生だった子どもたちも、大人になるにつれお庭との付き合い方は変わります。もちろん、親である私たちのライフスタイルも変わり、遊び場所だったお庭は自分の心を表現する場所になってきました。

地面に近いところで土のにおいを感じ、花の中の虫をつまんだり、蜂の羽音を聞きながら過ごす時間は、心が穏やかになるのが分かります。特に春の芽吹きのころは、庭中に花や木の命のパワーが溢れていて、元気にならないはずがない。そう実感し、感謝が湧いてきます。

キラキラ光る木漏れ日や、葉っぱの上にのった雨粒を眺めているときには、花や木と同じ気持ちにさえなるのですから…。こうして私たちガーデナーは、日々お庭に育てられているのだと思います。この家で育った子どもたちは、いつの間にかお庭に満ちていた命のパワーを体中に受け止め、大人になった今「緑がいっぱいあるこの庭が落ち着く」と言います。

 

花と緑があふれるまち三田を目指して

③今西庭2013.6.1③中野庭

オープンガーデンが始まった2000年のころは、シニア世代の女性たちが2~3人で訪問されるのが一般的でした。ところが、年数を重ねるうちにご夫婦での訪問が増え、ここ数年は若い方が子ども連れで来られるようになってきました。

オープンガーデンのお庭を訪問くださる若い方が、私たちのお庭から何かを感じ、ご自分のお庭で子どもたちと一緒に草花を植え、虫に驚き、鳥の声に感動してくださればいいなぁ。そうなれば、この街はキラキラと輝くふるさとになるはず…

そんなことを思いながら、三田グリーンネットの庭主さんたちは、今年も若い方の訪問を楽しみに、オープンガーデンの準備をしているところです。まだ、訪れたことがないという方もぜひ、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

オープンガーデンの詳しい情報は、三田グリーンネットのHPに掲載しています。
http://www.sandagreennet.jp
<お問合せ>三田グリーンネット事務局  TEL 黒木090-5067-9620

hr_tiebukuro

達家さんプロフィール達家彰子さんプロフィール
ガーデニング歴20年。日本家庭園芸普及協会グリーンアドバイザー
お庭のあれこれ、ご相談ください。(2時間/2,000円~)
A chamomile pot カモミールポット
TEL 090-5126-8638
ブログ http://chamomilepot.blog99.fc2.com/

hr_tiebukuro